第3回コスパリレーマラソン

今年も 第3回コスパリレーマラソンに参加してきました。


リレーマラソンの部 42.195K。

長居陸上競技場をスタートし、
長居公園内周回コースを1週(約3.5K)して、
陸上競技場に帰ってくるコースです。
これを12周走ります。

今回はラン仲間14人で
ひとチーム7名で走ります。

我がチームは、男3名、女性4名の
混合チーム。

去年は寒かったのですが、
今回は、昨日の雨も上がり、
いい天気、結構、暖かい!!!

でも、だんだん風も吹き出し、
やっぱり、寒いやん、
毎年、寒い、寒い・・・
っと、言っています。


そういう状況でも、
みんな元気・元気です。


自分も寒い、寒い・・・
っとは言ってられません。

大阪より、
まだ北の雪の地域で
頑張ってられる人達に
言われそうです。


長居競技場は、セレッソ大阪のホームグランド、
2002年日韓サッカーワールドカップでも使用された
ホント、きれいで、素晴らしい競技場です。

ここで、走らせていただけるだけでも、
価値があります。


画像




画像




画像



スタート前にゲストの”走る男”の森脇健二の
気合の入った挨拶。
女子陸上部も一緒です。


画像

          <森脇健二の気合のはいった挨拶>



画像

             <いよいよ、スタートです>




自分は、2周の走りです。
6番目と11番目。

最近、めっきり練習をサボっている自分。

ジムマシーンだけで、
外でのロードワークは全然走っていません。

このスタジアム、この雰囲気で、
テンションアップ!!!

なんか久々に、新鮮に走りたいという気持ちが・・・
(めずらしく?)

タスキ渡しゾーンで
前の走者を待っているときは、
寒かったですが、なんかワクワクする気持ちが・・・・


いや~、逆に走っていなかった方が、
サボっていた方が、いいのかな~っと。
(都合のいい解釈?)


前走者からタスキを受け取り
(お・つ・か・れ~!!!)、

いざ、走りだすと、なんだか楽しい!!!

身体も軽い~!!!

こりゃ~、いけるぞ~!!!

・・・・とっ。

でもでも、練習は、正直・裏切らない!!!


2キロあたりから、もうヘロヘロ、
完全に走り込み不足・・・。

スタッフから、声援。
”もう、あと1キロ!!! ファイトっ”

”ありがと~、まだ1キロあるの~”


スタジアムが見えて、
向かい風になってるし
中に入るまでが長い~


そうあまくはないですね・・・・。


ヘロヘロになりながら、
タスキを次走者へ。



次、走るのはは、約1時間20分後。


その間、寒さで、足が固まってしまい、
練習不足も多いにあり、

一回目より、
タイムを落としてしまいました。
(そうそう、練習不足じゃ~!!!)





画像画像

<帰ってきました。ヘロヘロでもみんなのいる前だけは、見栄張って、カラ元気で!!! 写真ありがとさんです>



でも、やっぱり、リレーマラソン、
楽しっ~!!!、
チームで、頑張るっていいですね。


こういうリレーマラソンに
もっともっと、参加したいです。



この大会、
今自分のいっているスポーツジムは、
親会社は変わったのですが、

以前、いたスポーツジム主催の大会。

昔、ランニングサークルで、
一緒に頑張っていた他店のラン仲間や、
スタッフの人たちとも再会でき、


最近、ほとんど会う事もなく、
約1年振りにあったラン仲間と、
以前のように、挨拶、話ができ、


その仲間が、サブスリー、
別府マラソン出場したり、
バリバリに頑張っていました。


いい刺激をうけました。


フニャフニャの自分、
もっと頑張らなければ・・・・!!!
です。


そういった意味では、
ホント、いい大会だなぁ~っと
思っています。


参加手続き、段取りしていただいた人、
一緒に走ったメンバー、
応援に来ていただいた人
昔のラン仲間、
この大会のスタッフ、
その他、みなみなさんに
感謝・感謝です。




画像




画像




画像

<この素晴らしいスタジアム、この芝で、我がサッカーチームもここで、やってみたいものです>


画像画像

<打ち上げで。 題して”けん玉のこりゃ~、いい湯だな~”
酔っ払いの戯れ、こんなモノのバッグで、ピースしていただき、深く深く感謝しております>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック